1分で読めるモバイルSEOのちょっと良い話 -SEOを意識したサイト作り編-

By fukumoto - 09/09/11 - このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをFC2ブックマークに追加

モバイルSEO小話

今回は1分で読めるモバイルSEOのちょっと良い話です。本当に1分程度で読める短い話ですが、
サイトを上位に表示させたい生徒と、モバイルSEOに詳しい先生とのやりとりを通して、
SEOに対する感覚をしっかり身につけて頂けます。
どうやら今回は、生徒先生はSEOを意識したサイト作りの基本を話し合っているようです。
では、聞いてみましょう。

SEOを意識したサイト作り

 
生徒:先生、相談があります。
 

先生:どうしたのですか?
 

生徒:僕のサイトがなかなか上位に表示されないんです。一体どうすれば僕のサイトはGoogleとかYahooで1位とか2位になりますか?
 

先生:なるほど。しかしその答えは自分で見つけるのが一番勉強になります。その答えを探すのを先生が手伝ってあげましょう。
 

生徒:ありがとうございます!お願いします!
 

先生:早速ですが、例えばあなたは「犬」というキーワードで上位に表示させたいと考えているとします。
 

生徒:「犬」ですかっ!?あっはい、わかりました。
 

先生:では「犬」というキーワードで上位に上げるために具体的に何をすれば良いでしょう?
 

生徒:具体的に。。。とりあえず、その「犬」というキーワードをサイトにいっぱい書きます!
 

先生:そうですか。では一度考えてみて下さい。そのサイトは何に対することが書かれたサイトですか?
 

生徒:「犬」です!
 

先生:そうです!その通りです!あなたのそのサイトは「犬」という字を説明したサイトなんです!
 

生徒:えっ!!?
 

先生:質問をしましょう。あなたにとって「犬」とは「犬」ですか?
 

生徒:哲学的な難しい質問ですね。。。でも、はい僕にとって「犬」とは「犬」です!
 

先生:ではあなたにとって、「柴犬」とか「日本スピッツ」は何ですか?
 

生徒:はい、それもまた「犬」です!
 

先生:よろしい。ではそれと同じことをあなたのサイトに施してみなさい。
 

生徒:それと同じことを。。。
 

先生:よく考えて。
 

生徒:。。。はっ!!?そうかわかったぞ!!「犬」という字は「犬」という存在を統括する言葉であって、各種存在する「犬」を表しているものではないってことですね!これは一人一人の人間が、人間という存在であると同時に名前があり、家族があり、みんなそれぞれ違うように、WEBサイトにも一つのテーマという存在があり、それぞれのページに違う名前や家族があってみんな違うってことと同じことなんですね!ということは、今回のケースを当てはめてみると、「犬」とはサイトのテーマであってサイトの中身を表すものではない。各ページに書くべきことは「犬」というテーマ以上に「犬」を表す情報、つまり一般的に「犬」と聞いた時に連想される情報である「犬種」や「犬っぽい名前」など、ネコ目イヌ科イヌ属以下の各個体が持っている情報を各ページに書いてやればいいってことですね!!そうすることでサイト全体を通して、初めて「犬」というテーマがサイトに浮かび上がってくるってことですか!そしてここまでやって初めて「犬」というキーワードで上位表示が可能になるってことなんですね!わかりました!ありがとうございます!!これで、僕のサイトも上位表示できそうです!頑張ります!先生!
 

先生:なんかお前急にすげぇな。
 

生徒:はい!!
 

先生:ちなみにあなたのサイトは、どのようなテーマのサイトですか?
 

生徒:「犬」です!!
 

先生:やったな!!ちょうどよかったやん!!
 
 
TO BE CONTINUED…