内部SEOについて

By nakamura - 08/11/28 - このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをFC2ブックマークに追加

今回から具体的なチューニングについて書いていきたいと思います。
 
 
以前、SEOには「内部SEO」と「外部SEO」があると書きました。
まず最初に、内部SEOについて書いていきます。
 
 
サイトを制作する上でも重要なのが、「検索エンジンに好まれるサイト」の作成方法を覚える事です。
ソースの書き方や、ディレクトリ構成、ドメインやURLなどが含まれます。
これらの事は、サイトの全てのページで行う必要があります。
 
 
次に重要なのが、インデックス数です。
先に述べたことを意識したページを定期的に増やしていき、たくさんの情報を持たせるのです。
たくさんの情報を持ったサイトであれば、色々なワードで検索エンジンで検索してもらいやすくなり、またインデックス数が多いサイトほど、上位に表示されるという傾向もあります。
 
 
また、一度目的のワードで上位に表示されたからといって、放置してしまうのはよくありません。
定期的に、設定しているワードの見直しや、チューニング内容も見直す事が大切です。
特に、モバイルでの検索エンジンはまだまだ検索のアルゴリズムが発展途上です。
その為、一度上位に表示されたからといって、放置していると知らぬ間に圏外などという事もありえます。
 
 
さらに、SEOを行ったことによって、どれだけのアクセスアップや、実際の売上に繋がったのかを分析する事も重要です。
それらを合わせて考慮し、ワードやチューニング内容を常に意識して確認するようにしましょう。